www.bikeflicks.com

自己破産の申立ては自分の都合で一部の負債をはずした申し立ては無理なので高額なローン・保証人が存在している借入金を除外して行う手続きはできません。高額な住宅ローンがまだ残っている段階で自己破産の申し入れを行えば自分の家は処分されてしまいますので高額な住宅ローンを継続して払いながら(持ち家を所有し続けながら)借りたお金を返納したい場合には民事再生という別の申請方法を選択することになります。ところで連帯保証人のある返済義務のある借金が残存しているときには、自己破産をしてしまった場合、保証人宛にダイレクトに督促がいくのです。さらには持っている財貨(建物、自動車、証券類ないしは災害保険に類するもの)等は、一般的には例外なく回収対象にならざるを得ない故、なるべく失いたくない財産があるという場合や自己破産を実行すると営業停止を余儀なくされる免許で給料を得ているケースですと違った借入金整理のしかた(債権者との和解による任意整理・特定調停の申し立てといった手段)を考えなければいけないのです。あるいは賭け事やお金の無駄遣いといったことで借金を作った場合だと最大の関心事である免責(借りたお金を一切払わなくて良いことにする手続き)が受けつけられない可能性があり得ますから、他の負債整理の方策(特定調停手続、債権者との和解による任意整理、民事再生の適用による返済の減額)も候補に入れて考えることもあると考えられます。
Copyright © 1999 www.bikeflicks.com All Rights Reserved.